PR

血洗の滝|スサノオノミコトが滝水で身を清めた伝承が残る場所【岡山県赤磐市】

血洗の滝 伝説が残る場所
血洗の滝
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

岡山県赤磐市にある「血洗いの滝(ちあらいのたき)」は、吉井川の支流滝山川の深部にある、高さ11メートルの二段の滝です。
赤磐市のパワースポットとして知られています。

八岐大蛇(やまたのおろち)を退治した素戔鳴尊(すさのおのみこと)がこの滝で血にそまった剣を洗い、滝水で身を清めたと伝えられており、「血洗」というちょっと怖い名前がつけられました。

木々の木漏れ日の中、流れ落ちる滝は、神秘的な景観です。

血洗の滝の看板

自然に囲まれ、非常に静かな場所にあるので、別世界にいったような非現実的な感覚を楽しめます。

血洗の滝近く

同じく岡山県赤磐市にある石上布都魂神社に、スサノオの剣が奉納されています。
併せて立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

血洗の滝のおすすめポイント

  • 雨の日は遊歩道も霧が出てて神秘的な雰囲気を楽しめます。
  • 滝を間近で見ることが出来ます。
  • 自然豊かで紅葉が綺麗なロケーションです。

血洗の滝の様子・口コミ

駐車場から滝までの道中に、滑り台のようなものがありました。最初は「本当にこれで降りるの!?」と思いましたが、滑り台から少し進むと、問題なくちゃんと階段があるので安心です。
階段を下りた後は、滝までの距離は短いですが、未舗装の岩場があります。滝に近づくためには、しっかりとした靴を履いていくことが必要です。
滝自体はダイナミックではないかもしれませんが、美しさがあり、背景として写真に撮ると素晴らしい風景になるかもしれません。

この滝は、昔から禊などが行われる神聖な場所として知られています。スサノオノミコトは、ヤマタノオロチを倒した際に血が付いた草薙剣をこの滝で清めたと伝えられています。私は初夏に訪れましたが、周囲の青々とした植生が神秘的な雰囲気を醸し出していました。
また、この滝周辺には広葉樹が豊富に生えているため、紅葉の季節にはとても美しい景色が見られると思います。ただし、本山寺側から回る場合はかなり細い山道を通る必要があるため、地図上で大きな道を選んで行くことをおすすめします。
車で滝の近くの駐車場まで行くことができますが、5ナンバーの車でギリギリの道幅なので注意が必要だと思います。滝は小さいものですが、雰囲気があってなかなか良いと思います。
ある秋の昼下がり、一人でバイクで訪れたときには、うす暗く静かな滝壺に、神や精霊、はたまた妖怪がいるかのような雰囲気が漂っていました。個人的には、滝の奥にあるため池も美しく、おすすめです。
駐車場もあって、整備された歩道もありますので、到着までの道のりを考えると秘境的な雰囲気を醸し出す滝です。雰囲気も迫力も抜群で、真夏でしたが、虫もそれほど多くはいませんでした。滝の周辺で涼しさを感じることができます。

静寂で素晴らしい場所です。携帯電話の電波が弱いので、喧騒から離れることができます。数年前、初夏の晴れた日に行き、滝の音を聞きながらぼんやりしていたら半日が過ぎていました(笑)。
血洗滝神社も雰囲気がよく、素晴らしいです。ただし、途中の道は非常に狭いです。公衆トイレは150メートル離れた場所にありますが、周りは密集した森林であるため、トイレは事前に済ませることをお勧めします。
血洗の滝周辺は、空気が違う雰囲気がある。 滝は落差があり、近くまで近づける。駐車場からも近く、このような高さの滝が駐車場から近い場所は珍しいのではないだろうか。
滝から少し下ると、雰囲気の良い池がある。神聖な龍がいるかのようだ。

血洗の滝の詳細情報

施設詳細情報
施設名 血洗の滝(読み方:ちあらいのたき)
所在地 〒701-2525 岡山県赤磐市是里
交通アクセス 山陽自動車道和気ICから約40分または、山陽ICから約60分
JR和気駅からタクシー約30分
駐車場 普通車5台
休業日 なし
利用料金 無料
問合せ先 086-954-1319(赤磐市吉井支所産業建設課)
公式サイト 赤磐市公式サイト
備考

周辺観光情報 ここもオススメ!

赤磐市には「血洗の滝」のほかにも見どころが沢山あります、是非探してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました