ゆばらの宿 米屋|湯原の源泉を贅沢に楽しめるお風呂【岡山県真庭市】

ゆばらの宿 米屋 温泉
ゆばらの宿 米屋
スポンサーリンク

岡山県真庭市湯原温泉街にある「ゆばらの宿 米屋(ゆばらのやど こめや)」は、四季折々の表情を見せる自然に囲まれたのどかな場所にある温泉旅館です。

「露天風呂番付」で西の横綱にランクした「湯原温泉」の上質なお湯と、地元の食材をふんだんに使用したお料理で非日常を味わうことができます。

日帰りでも短時間でも、家族や友人と少し贅沢な癒しのひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

ゆばらの宿 米屋の風呂

湯原温泉といえば、砂湯が有名です。

スポンサーリンク

ゆばらの宿 米屋のおすすめポイント

  • 湯原の100%源泉のお風呂!
  • 秋になると露天風呂(五右衛門風呂)から紅葉のライトアップが見られる!
  • 地元のブランド食材「千屋牛」「キヌヒカリ」を使用したこだわりのお料理
  • 周辺にはたくさん観光スポットがある

スポンサーリンク

ゆばらの宿 米屋の様子・口コミ

部屋にトイレがあり、館内のお風呂が良かったです。
駐車場がわかりにくい・川の方へ行くのに坂道で、人によったら大変だけど、町並み散策になって良かったです。
日曜日に1人、素泊まりで利用し8,800円でした。
正直、少し高く感じました。
部屋には最低限のアメニティ(歯ブラシ、ドライヤー、バスタオル、ハンドタオル等々)は常備してあります。
大浴場、露天風呂も利用しましたが露天風呂は、少しぬるめで長湯できました。

全体の雰囲気は良い。旅館の作りもオシャレ。
ただ施工業者の問題でしょうがめちゃくちゃ隣の物音まで聴こえてきて落ち着かない。
外国の人の受付は雑でした。
お風呂は良かった。
アルカリ性なのでアトピーのワタシは後で痛くなった。

温泉は、露天の五右衛門風呂があり、源泉かけ流しとのことでとても柔らかくトロトロのいいお湯でした。
男湯と女湯が朝入れ替わるが、両方とも、清潔で掛け流しでとても良い。ただし、夜は22時までしか入浴できない。

温泉街からは少し離れた立地。
コロナなのか、接客サービスはほぼありません。
高級な温泉宿のサービスを期待されていくとガッカリだと思います。
食事はまぁまぁです。
温泉地めぐりをアフターコロナで再開し、初めの宿でしたが口コミはまずまずだっのに残念な感じでした。
狭い階段と廊下、壁が薄く人の声と足音と道路側にあるので車の音、落ち着けない。段差も多いので、小さいお子様や高齢者には不向きな宿です。
温泉は泉質が良く良かったので、今度別の宿でくつろぎたいですね。
スポンサーリンク

「ゆばらの宿 米屋の詳細情報

施設詳細情報
施設名 ゆばらの宿 米屋(読み方:ゆばらのやど こめや)
所在地 岡山県真庭市湯原温泉345-18
交通アクセス 米子自動車道湯原ICから車で約10分
駐車場 50台
営業時間 宿泊:チェックイン15:30/チェックアウト10:00
日帰り入浴:11:00~18:00
休業日 不定休
利用料金 日帰り入浴:大人1,080円(税込)、子ども540円(税込)
問合せ先 0867-62-3775(ゆばらの宿米屋)
公式サイト ゆばらの宿 米屋
備考

周辺観光情報 ここもオススメ!

湯原温泉街には「ゆばらの宿 米屋」の他にも、おすすめ源泉かけ流しの日帰り温泉や手湯足湯などがありますよ。是非行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました