PR

奥津温泉街|美人の湯として有名な温泉地、足踏み洗濯も開催【鏡野町】

奥津温泉街 お出かけ
奥津温泉街
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

岡山県北の鏡野町にある「奥津温泉街(奥津温泉郷)」は、岡山県北・鏡野町にある秘湯の雰囲気が漂う川沿いの温泉街です。

奥津温泉街の橋

湯原温泉郷湯郷温泉郷と並ぶ”美作三湯”のひとつで、「日本観光地百選」にも選ばれた歴史ある温泉地です。

奥津温泉の足湯

名物「足踏み洗濯」で知られる「洗濯湯」は、3月~12月上旬の日曜日(不定期)の朝9:00、姉さんかぶりの女性たちが「奥津小唄」に合わせて洗濯物を足で踏んで洗う奥津温泉の風物詩となっています。

奥津温泉街の足踏み選択実演

泉質はアルカリ性の単純温泉で、漂白成分を含み、肌がスベスベになるという評判から「美人の湯」として有名です。

奥津温泉街のマップ

奥津温泉街のマップ

スポンサーリンク

奥津温泉街のおすすめポイント

  • 泉質がアルカリ性の単純温泉。入浴後は白くすべすべの肌になれると評判。
  • 足踏み洗濯は毎年多くの観光客が訪れる人気なイベントです。
  • 風情のある老舗旅館や素朴な民宿などが並んでいて、昔懐かしい雰囲気が魅力的です。

奥津温泉街の施設紹介

奥津温泉 花美人の里

奥津温泉 花美人の里の内装

奥津温泉 花美人の里」は、日帰り温泉が気軽に立ち寄りで楽しめる鏡野町最大規模の施設です。2021年のリニューアルオープンした「花温泉」の大浴場には、シルク風呂、ジェットバス、露天風呂、サウナ等があり、家族風呂(入湯料別、1時間1,500円)も人気です。

施設詳細情報
施設名 奥津温泉花美人の里
所在地 〒708-0504 岡山県苫田郡鏡野町奥津川西261
交通アクセス JR津山駅から奥津温泉行きバス約60分、「奥津郵便局前」下車
駐車場 普通車100台、バス4台
営業時間 平日10:00~19:00(最終受付18:00)、
土日祝日10:00~20:00(最終受付19:00)
定休日 木曜日(祝日の場合は前日)
※但し、メンテナンス・社員研修により臨時休業することがあります。
利用料金 大人800円、小人(3歳~小学生)400円
問合せ先 0868-52-0788(奥津温泉花美人の里)

道の駅 奥津温泉

道の駅 奥津温泉の基本情報

道の駅 奥津温泉」は、道の駅ならではの物産館だけでなく、バイキングもある人気のレストラン、カフェ、ラーメン店や芸術祭など多彩な施設でお出迎えしてくれます。

施設詳細情報
施設名 道の駅 奥津温泉
営業時間 ・ふるさと物産館 9:00~17:00
・温泉亭 11:00~15:00(LO 14:30)
休日 不定休(電話もしくはメールにてご確認ください)
所在地 岡山県苫田郡鏡野町奥津463番地
交通アクセス 【車】
中国自動車道院庄ICからR179を倉吉方面へ約25分。
道沿いにあります。
【バス】
津山駅より 中鉄北部バスをご利用ください。
■奥津温泉・石越線(直通)
■津山~マルナカ院庄・プラント5~奥津温泉~
上齋原振興センターコミュニティバス(乗り継ぎ)
駐車場 大型:6台 普通車:108(身障者用4)台
問合せ先 0868-52-7178

奥津温泉街の恒例イベント

名物「足踏み洗濯」

「足踏み洗濯」は、姉さんかぶりの女性達が「奥津小唄」に合わせて洗濯物を足で踏んで洗う、奥津温泉の風物詩です。

奥津温泉街の足踏み洗濯

毎年3月~12月上旬の日曜日(不定期)の朝9:00から観光用に実施されています。

奥津温泉夏まつり

奥津温泉夏祭りは、毎年お盆の頃に開催され、帰省客と奥津温泉の宿泊客が一緒になって楽しめる参加型イベントがもり沢山!

「花美人の里」周辺が会場になり、地元屋台村のグルメや、ひらめ(あまご)のつかみどり、餅投げなどが行われる他、花火も打ち上がります。

奥津温泉夏祭り過去の案内

奥津温泉街の歴史

奥津温泉の景観

奥津温泉の開湯の時期ははっきりしていませんが、古くから名湯として知られていました。
伝説によれば、神話の時代に大国主命の命令で諸国を巡っていた少彦名命が、この地で源泉を見つけたのが始まりだとされています。

戦国時代には、後に津和野藩主となる宇喜多詮家(坂崎直盛)も、戦で受けた傷を癒すために入湯していました。

江戸時代には、津山藩主となった森忠政が奥津温泉を大変気に入り、自分以外の入浴を禁じ、鍵をかけて厳重に管理するほどでした。
4代藩主の森長成も、病気を治すために長期間奥津温泉を利用しており、そのころには藩主専用の上湯と一般住民や湯治客が利用する下湯が存在していたとされています。

明治時代以降、奥津温泉の知名度は全国的に上がり、与謝野鉄幹・晶子夫妻や松崎天民、岡野直七郎、棟方志功などの文人墨客も多く訪れました。
また、小説「秋津温泉」は藤原審爾が奥津温泉をモデルにして書かれたとされています。

奥津温泉街の様子・口コミ

以前は、この周辺には河原の露天風呂がありましたが、利用者のマナーが悪かったため、現在は足湯だけになってしまったようです。温泉の温度は約35度でしょうか。
三朝温泉や湯原温泉の河原露天風呂がなくならないよう、マナーを守りましょう!

足湯の入浴は自由にできます。
温泉街の中心にあり、駐車場も隣接しているので、すぐに行くことができます。
隣にある川はダイナミックに流れていて、逆に心地よいかもしれません。

道の駅から直接繋がる階段を下りて、約2分の距離にある場所にあり、温泉街散策のスタート地点として最適だと思います。
また、紅葉の時期にはとても素晴らしい景色が見られ、川沿いの足湯に浸かりながらの眺めも良い場所です。

奥津温泉街の詳細情報

施設詳細情報
施設名 奥津温泉街(おくつおんせんがい)
所在地 〒708-0503 岡山県苫田郡鏡野町奥津・奥津川西
交通アクセス JR津山駅から奥津温泉行きバス約60分、「奥津温泉」下車
駐車場 普通車100台、バス15台
利用料金 各温泉施設をご確認ください。
問合せ先 0868-52-0610(奥津温泉観光協会)
公式サイト 奥津温泉観光協会公式サイト
奥津温泉の宿を探す(PC版)
奥津温泉の宿を探す(モバイル版)
泉質・効能 アルカリ性単純温泉
慢性消化器病・リウマチ性疾患・胃腸病・神経痛・皮膚病など

周辺観光情報 ここもオススメ!

鏡野町には「奥津温泉街」の他にも見どころが沢山あります。ぜひ足を運んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました