PR

哲多すずらんの園(おもつぼ湿原)|5月に約2万株のすずらんが咲き誇る、すずらんまつりも【新見市】

哲多すずらんの園 お出かけ
哲多すずらんの園
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

岡山県新見市哲多(てった)にある「哲多すずらんの園(おもつぼ湿原)」は、毎年5月中旬から下旬にかけて、約2万株の可憐な鈴蘭(すずらん)が咲き誇ります。
毎年6月には、郷土芸能(備中神楽、銭太鼓)、お笑いステージなどがある「哲多ふる里すずらんまつり」も開催されます。

哲多すずらんの園の鈴蘭
また園内には「おもつぼ湿原」と呼ばれる面積約2haの湿生植物群落があります。ここではさまざまな湿生植物を観ることができ、100種類以上の植物や、珍しい生き物などが確認されています。

哲多すずらんの園の道

ぜひ自然を求めに訪れてみてはいかがでしょうか。

哲多すずらんの園のフェンス

哲多すずらんの園の看板

スポンサーリンク

哲多すずらんの園のおすすめポイント

哲多すずらんの園の事務所

  • 100種類以上の植物や、珍しい生き物が生息しています。
  • 約2万株の「すずらん」が咲き誇る!
  • 毎年6月に「哲多ふる里すずらんまつり」も開催されます。
  • 駐車場有

哲多ふる里すずらんまつり

哲多ふる里すずらんまつり

地元の伝統芸能(備中神楽や銭太鼓)、お笑いパフォーマンス、ステージショー、すずらんの鉢植え、地元特産品の販売、バルーンショーなどが行われ、さらにビンゴゲーム大会やお餅投げなどで素晴らしい景品が獲得できるチャンスもあります!

テントエリアでは美味しい料理や地域の特産品が販売されます。

哲多ふる里すずらんまつりチラシ

開催日時 2023年6月4日(日)※雨天決行
9:30~14:00
開催場所 本郷小学校グラウンド
岡山県新見市哲多町本郷
お問い合わせ 0867-96-2112(新見市哲多支局 地域振興課)
アクセス JR石蟹駅から車で約15分(約6km)
駐車場 哲多中学校グラウンド(約100台)及び哲多認定こども園(約80台)
※哲多中学校よりシャトルバスを運行

哲多すずらんの園の様子・口コミ

入場ゲートのすぐ近くに美しいすずらんの花壇があり、見事に咲いていました。園内には雑木林や湿地が広がり、多くの植物が自生しています。すずらんも自生しているとの情報でしたが、私たちは見つけることができませんでした。
散策に適した整備された遊歩道が園内にあり、自然の中を散歩するのに最適です。ただし、自販機や売店が近くにないため、飲み物などは事前に購入してから訪れることをおすすめします。

5月28日に、すずらんの花を観るために訪れました。湿原の入り口の両側に、雑草やふきの葉と一緒に、すずらんが群生しています。これらのすずらんは、小さな白い花を咲かせています。ただし、イノシシよけのフェンスで囲まれているため、接写する際にはフェンスが写り込んでしまいます。
森の中にある湿原(おもつぼ湿原)や農業用のため池付近では、全く臭いがしませんでした。

近くに広い駐車スペースがあります。トイレも設置されています。ただし、車椅子でのアクセスは難しいです。駐車場からかなり歩かなければなりません。
園の反対側にも別の駐車場があり、そちらの方が近いです。駐車場にはトイレはない代わりに、あずまやがあります。

森の中にある水芭蕉と桜に感動しました。水芭蕉は湿原の方にも見ることができ、美しい景色でした。桜のつぼみもちらほらと芽吹き始めていました。開花時期に再び訪れてみたい場所です。ただ、湿原の雑木が少し残念でした。

哲多すずらんの園の詳細情報

施設詳細情報
施設名 哲多すずらんの園(読み方:てったすずらんのその)
所在地 〒718-0312 岡山県新見市哲多町田淵
交通アクセス 中国自動車道新見ICから約35分
JR新見駅から車で約40分
駐車場 あり(普通車30台、バス10台)
営業時間 特になし
利用料金 無料
問合せ先  0867-96-2112 (新見市哲多支局)
公式サイト 新見市公式サイト
備考

周辺観光情報 ここもオススメ!

新見市には「哲多すずらんの園(おもつぼ湿原)」の他にも見どころが沢山あります。ぜひ足を運んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました