PR

虫明迫門の曙(日本の朝日百選)|空は暁色、海も島も黄金色に染まる絶景【瀬戸内市】

虫明迫門の曙(日本の朝日百選) お出かけ
虫明迫門の曙(日本の朝日百選)
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

岡山県瀬戸内市邑久町(おくちょう)にある「虫明迫門の曙(むしあげせとのあけぼの)」は、日本の朝日百選として数えられている古からの景勝地で、瀬戸内海の島々に囲まれた美しい景色が広がる”あけぼのの里”として知られています。

大多府島と頭島の間、さらにその先の鶴島と鹿久居島の間、海と空が接するあたりから朝日が昇ってきます。
多数のカキ筏が浮かび、日の出の時間帯には赤く染まる光景が広がります。特に、旧暦の210日に見ることができる日の出は素晴らしいです。

虫明迫門の曙2

「玉葉和歌集」では平忠盛によって「虫明の迫門の曙見る折ぞ都のことも忘られにけり」と詠まれた景勝地です。(虫明湾を望む大平山の「岡山いこいの村」敷地内に歌碑が立っています)。

橘(立花)海岸、大平山、虫明漁港がビュースポットで、見頃は秋、9月上旬ごろ(210日前後の1週間)と言われています。虫明漁港からだと8月28日頃~9月1日がベストです。

ちょうど虫明漁港の防波堤の間に上り、背後にはカキ養殖の筏も浮かび幻想的な朝日を拝むことができます。

虫明迫門の曙3

現地に車で行かれる場合、道が狭いため、軽自動車でないと少し厳しいかもしれません。駐車場はありませんが、目的地の手前に少し広い場所があるため、2台ほど停めることができます。(竹藪の所、墓所の手前)

春分の日と秋分の日には、海面から大きな太陽が昇り、ダルマの朝日が見られることもありますが、条件が良い場合に限られます。

スポンサーリンク

虫明迫門の曙(日本の朝日百選)のおすすめポイント

  • 空は暁色、海も島も黄金色に染まる絶景。
  • 日中も青い空と牡蠣筏が浮かぶ海、島の景色が綺麗です。
  • 日本の朝日百選にも選定されています。

虫明迫門の曙(日本の朝日百選)の様子・口コミ

毎年、年賀状の写真を撮りに行く場所があります☺︎。“迫門の曙(大平山)”という場所です。
この場所は結構急な坂で、奥に個人の土地があるため、車を停める際は注意が必要です。
しかし、ここで呼吸すると澄んだ空気が体に染み渡り、鳥のさえずりや遠くに聞こえる船の音が聞こえ、圧巻の景色が広がっています。

綺麗な景色が広がっていますね。ただ、看板があるところは木が茂っているため、景色を楽しむことができません。
しかし、看板から右手に5mほど歩いた場所には、景色を見渡せる場所があります。そこからは素晴らしい景色を堪能できますよ。

島と島の間の海から朝日が昇る「迫門の曙」を見ることができるポイントです。「大平山」は、「迫門の曙(せとのあけぼの)」の3つの鑑賞ポイントの一つであり、平成18年3月に「日本の朝日百選」に認定されました。
「迫門の曙」は、平安時代に平清盛の父である忠盛が詠んだ歌で有名です。朝日が昇る瞬間は、まさにその歌のような美しさを感じることができますよ。

本当に美しい日の出スポットだと思います。駐車場はありませんが、前後の道路には幅広い場所が多数あるため、そこに駐車することができます。多くの人がそうしています。
周りには無数の牡蠣イカダが浮かび、凪いだ海の風景が広がり、邑久町らしさを象徴しています。

虫明迫門の曙(日本の朝日百選)のまとめ情報

スポット詳細情報
スポット名 虫明迫門の曙(読み方:むしあげせとのあけぼの)
所在地 〒701-4501 岡山県瀬戸内市邑久町虫明
交通アクセス JR邑久駅から虫明行きバス約35分
山陽自動車道山陽ICから約23km
駐車場 虫明港駐車場を利用
営業時間 見頃は秋、9月上旬ごろ
休業日
利用料金 無料
問合せ先 0869-34-9500(瀬戸内市観光協会)
公式サイト 瀬戸内市朝日マップ
備考

周辺観光情報 ここもオススメ!

瀬戸内市には「虫明迫門の曙」の他にも見どころが沢山あります。ぜひ足を運んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました