PR

深谷の滝|紅葉も美しい大自然が作り出した落差13mの滝【岡山県備前市】

深谷の滝 景勝地
深谷の滝
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

岡山県備前市三石(みついし)に位置する「深谷の滝(みたにのたき)」は、落差13m、幅3mという県南部では屈指の落差を誇る雄滝と、その滝壺から更に流れる小ぶりな雌滝(高さ7m、幅3m)の二つからなる大自然が作り出した滝です。
備前市指定名勝、備前市十景となっています。

深谷の滝の全体

滝の近くの岩場には水の神である龍神や不動明王が祀られており、かつて荒修行の場としても知られていたパワースポットにもなっています。
紅葉の名所としても知られており、紅葉シーズンには沢山の人が訪れます。

深谷の滝の看板

スポンサーリンク

深谷の滝のおすすめポイント

  • 深谷の滝周辺の紅葉が美しいので写真の映えスポットにもなっています。
  • 駐車場が完備されており、容易に行くことができます。
    深谷の滝の手前
  • 道中は深谷公園として整備されています。春にはサツキ、秋には紅葉が楽しめる景勝地で、もみじ祭りも開催されるそうです。

深谷の滝の様子・口コミ

雨降りの翌日訪問し水量もある見事な滝を観ることが出来ました。
掃除も行き届いていて滝壺まで歩いて行くことができますが、苔が生えてたり滑りやすいので足元に注意してください。

備前市十景の一つにもなっている深谷の滝です。
落差13m、幅3mの上段の滝が雄滝で下段の滑らかな流れが雌滝です。
雄滝の滝壺に飛沫が気泡を作り、その気泡が輝き雌滝を流れる美しい光景です。
水量が少ないけど滝行を決行しました、そして滝壺で水遊びもできました。
ちなみに、滝壺の底に足はつきません!

本日は晴れが続いていたので水量が少なかったのですが、滝の近くまで行けるので迫力があります。オススメは台風とか大雨の翌日で、水量が多いです!
近くに駐車場があり行きやすいので、手軽にマイナスイオンを感じられるオススメの場所です。

深谷の滝の詳細情報

施設詳細情報
施設名 深谷の滝(読み方:みたにのたき)
所在地 〒705-0132 岡山県備前市三石
交通アクセス 山陽自動車道備前ICから約15分
JR三石駅からタクシー(車)で約5分
駐車場 普通車10台
営業時間 24時間
休業日 なし
利用料金 無料
問合せ先 0869-64-1832(備前市まち営業課おもてなし観光係)
公式サイト
備考 紅葉:10月下旬~11月下旬

周辺観光情報 ここもオススメ!

備前市には「深谷の滝」の他にも見どころが沢山あります。是非足を運んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました