PR

笠岡市衣笠鉄道記念館|入場無料、廃線となった衣笠鉄道に関連した展示や販売【笠岡市】

笠岡市衣笠鉄道記念館 美術館・博物館
笠岡市衣笠鉄道記念館
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

岡山県笠岡市にある「笠岡市衣笠鉄道記念館(いかさてつどうきねんかん)」は、“マッチ箱”の愛称で親しまれた衣笠鉄道にちなんだ展示が行われている記念館です。

笠岡市衣笠鉄道記念館の外観

衣笠鉄道は、大正2年から昭和46年まで60年間に渡って親しまれた鉄道で、記念館は昭和56年に設置されました。
建物は、大正2年に建築された旧新山駅の駅舎をほぼ当時のまま使用しており、館内には車両に使われていた部品や備品、レール、車両を反転させる転車台などの展示が行われているほか往時の写真なども飾られています。
車両内や操縦席に入ることもできます。車内では歴史に関するDVDを視聴することもできます。

笠岡市衣笠鉄道記念館の車両内

屋外では、開業当時からディーゼル車が導入されるまで大活躍した第1号機関車が展示されており、実際に客車内に立ち入ることもできますので、鉄道好きの人にぴったりですよ。

記念館の窓口係兼商店の店番は地元の方が当番制で担当されているようで、記念品の古い切符や文鎮などが販売されています。

笠岡市衣笠鉄道記念館の標識

スポンサーリンク

笠岡市衣笠鉄道記念館のおすすめポイント

笠岡市衣笠鉄道記念館の線路図

  • 記念館内では、数種類のオリジナルグッズを販売しています。
  • 入館料無料で展示を見ることができます。
  • 最寄り駅や最寄りICから約10分ほどとアクセス抜群です。
  • 衣笠鉄道のレールの重さを体感できるコーナーがあるなどお子様でも楽しめます。

笠岡市衣笠鉄道記念館の主な展示品

1号機関車

1号機関車は、野外で展示されている機関車です。この車両は、大正1年にドイツのアーサーコッペル社で製造され、井笠鉄道が開業した初期から昭和30年(1955年)まで、ディーゼル車が導入されるまでの間、活躍しました。井笠鉄道が廃線になった際、昭和46年(1971年)3月31日の「さようなら列車」の先頭を走ったのが、この機関車でした。

笠岡市衣笠鉄道記念館の車両

タブレットとタブレット閉塞機

「タブレット」と「タブレット閉塞機」は、列車の安全運行に不可欠な装置で、路線上での列車同士の衝突を防ぐために必要な「閉塞」状態を確立するために使用されます。閉塞とは、路線を一定区間で区切り、その区間内には一つの列車しか進入できないようにすることを指します。

グッズの販売

鉄道記念館では、クリアファイルやレール文鎮、切符付きストラップなどのオリジナルグッズを販売しています。グッズの通信販売は行なっていないので、笠岡市井笠鉄道記念館へ来館することで購入できる限定品です。

笠岡市衣笠鉄道記念館のレビュー・口コミ

こちらの場所は規模が小さく、駐車場も1〜2台分しかありません。全ての展示物はすぐに見ることができるため、長居する必要はないでしょう。駐車スペースはラインで区切られていないため、前の車が停め方をちょっと誤ると、駐車が難しくなるかもしれません。旧駅舎を改装した建物(管理棟であり、物販も行われています)の隣に、かつて運行されていた車両が保管されています。ちなみに、入場料は不要です。機関車自体は大正時代にドイツで製造されたもので、車両内や操縦席に入ることもできます。車内では歴史に関するDVDを視聴することもできます。

父方と母方の祖父によく連れて行ってもらい、SLに乗った思い出があります。大人になって再びSLを見ると、実際には小さく、そして何も変わっていないように、きちんと保存されていることに感心します。
無料の鉄道記念館です。駐車スペースは2〜3台分ありますが、区画がないため、適当に駐車すると1台しか停められないかもしれません。井笠鉄道の駅舎を再利用しており、小さな商店も併設されています。記念館の窓口係兼商店の店番は地元の方が当番制で担当されているようです。記念品の古い切符や文鎮などが販売されており、その売り上げは維持管理費に充てられているのかもしれません。記念館の隣には、機関車や客車、踏切の警報器、路線切り替えのレバーなどがあり、こちらも無料で機関車や客車に入ることができます。

昔の駅舎です!道路の前には線路が通っていたということですね。この時代の硬券やレールが購入できて、楽しい経験ができました!レールはカラーごとに700円(赤、緑、黄色など)で、シルバーカラーは1000円でした。また、古い切符は300円、最後の日の日付入りは500円で購入できました。その他にも、定期券などの切符も販売されていました。ドイツのコッペル社から購入されたレトロな蒸気機関車も展示されています。

笠岡市衣笠鉄道記念館の詳細情報

施設詳細情報
施設名 笠岡市衣笠鉄道記念館(読み方:いかさてつどうきねんかん)
所在地 岡山県笠岡市山口1457-8
交通アクセス 【車】山陽自動車道笠岡ICから矢掛方面へ車で約10分
【電車】JR笠岡駅から車で約20分
井原鉄道小田駅から井笠バスカンパニー 笠岡〜矢掛線新山バス停から西へ徒歩約10分
駐車場 有り
営業時間 9:00〜17:00
休業日 月曜日・年末年始
利用料金 無料
問合せ先 0865-65-2706
公式サイト 笠岡市公式ホームページ
備考

周辺観光情報 ここもオススメ!

笠岡市には「笠岡市衣笠鉄道記念館」の他にも見どころが沢山あります。ぜひ足を運んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました