PR

GREENable HIRUZEN|隈研吾氏監修、風と木の温もりを感じる蒜山のシンボル【真庭市】

greenablehiruzen お出かけ
greenablehiruzen
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

岡山県真庭市蒜山にある「GREENable HIRUZEN(グリーナブルヒルゼン)」は、脱炭素・サステナブルな価値をより多くの人に知ってもらうための発信拠点施設として2021年7月15日にオープンした建築です。

施設の象徴となるCLTパビリオン「風の葉」は建築家・隈研吾氏が設計監修した木造施設で、これまでのコンクリートの建築にはできない移築可能な建築物として、また、都市と地方との資源・文化の交流を表すものとして、蒜山の象徴となっています。

施設内には、ビジターセンター・ショップ、真庭市蒜山ミュージアム、体験プログラムを提供するサイクリングセンター、CLTパビリオン『風の葉』が入っています。

2023年2月4日5日に開催される雪まつりは「GREENable HIRUZEN」にて巨大かまくらやソリ、スノーシュー、ファットバイク体験などのアクティビティ体験や屋内でのワークショップ、焚き火やキャンドルナイトを楽しめます。

スポンサーリンク

GREENable HIRUZENのおすすめポイント

  • 建築家・隈研吾さんの建築好きは必ず行くべき!国立公園蒜山の豊かな自然の中に誕生した施設です。
  • ひるぜん雪まつりやマルシェなどをイベントを開催しています。
  • 施設内には、ビジターセンター・ショップ、真庭市蒜山ミュージアム、体験プログラムを提供するサイクリングセンター、CLTパビリオン『風の葉』が入っています。

GREENable HIRUZENの様子・口コミ

蒜山高原に入ると直ぐ目に入る建物で、蒜山高原センターの直ぐ向かいなので、車を置いてゆっくり見学出来ます。
奇抜な建物ですが、隈研吾さんの設計で、中に入ると風や木の匂いを感じる事が出来ます。
床は人工芝で、天井が高く開放感があります。
建物の間から見える蒜山高原の緑や蒜山三座が不思議です。

寝転がって建物のオブジェを見上げている人もいました。
傍には売店とトレックの自転車をレンタルできるサイクリングターミナルがあります。
御前酒とマルタ味噌が出店していて、木桶味噌の詰め放題(600円)をやりました。
冷たい甘酒が美味しかったです。

厚い木材を複雑に組み合わせたアイデアは隈氏らしい。
施設内にオリジナルブランドの雑貨等を展示販売するショップもありました。
モニュメント的な建物は一見の価値があります、ヒルゼン高原センターとセットで行くといいと思います。

GREENable HIRUZENの詳細情報

施設詳細情報
施設名 GREENable HIRUZEN(読み方:グリーナブルヒルゼン)
所在地 岡山県真庭市蒜山上福田1205-220
交通アクセス 米子自動車道 蒜山ICより車で約5分
真庭市コミュニティバス 蒜山高原センター前
駐車場 7台(ヒルゼン高原センター駐車場も利用可能)
営業時間 9:00~17:00
休業日 水曜日(祝日の場合は翌平日)
利用料金 敷地内は入場自由
問合せ先 0867-45-0750(GREENable HIRUZEN)
公式サイト https://www.greenable-hiruzen.co.jp/
備考

周辺観光情報 ここもオススメ!

真庭市蒜山には「GREENable HIRUZEN」の他にも見どころが沢山あります。是非足を運んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました