PR

五福通り|昭和ノスタルジックな雰囲気の商店街が広がる西大寺参道【岡山市東区】

五福通り お出かけ
五福通り
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

岡山市東区西大寺にある「五福通り(ごふくどおり)」は、さまざまな映画やドラマのロケ地として使われたことのある看板建築の商店街です。
はだか祭りで有名な西大寺観音院の境内から少し北に歩くと、看板建築の商家が建ち並んでいます。

五福通りの風景
これらの建物は本当の洋風建築ではなく、建物の外観を洋風に見せたもので、中に入ると多くが和風建築であることが分かる面白い作りになっています。

五福通りの様子

「五福」とは人生の五種の幸福、すなわち、寿(寿命の長いこと)、富(財力の豊かなこと)、康寧(無病なこと)、好徳(徳を好むこと)、終年(天命をもって終わること)です。

五福通りのシャッター

そして、はだか祭り(西大寺会陽)で裸衆が奪い合う宝木(しんぎ)は、この五福を授ける意味で与えられたことから、この通りが五福通りと呼ばれるようになったといわれています。

五福通りの西大寺観音院

スポンサーリンク

五福通りのおすすめポイント

  • 『ALWAYS 三丁目の夕日’64』や、「重松清」の小説『とんび』など映画やドラマの撮影にたびたび使われています。
  • なつかしの商店街の風景は、若い人からお年寄りまで楽しめます。
  • 今では珍しい看板建築の商店街。看板建築とは関東大震災後に商店などに用いられた建築様式で、看板のような平坦な壁を利用して自由なデザインが試みられたといいます。

五福通りで開催されるマルシェ

「西大寺五福通りレトロ・マルシェ」が年二回、5月と10月の最終日曜日に定期開催されています。

五福通りで開催されるマルシェ

伝統的な建造物が数多く残る五福通りで、レトロな雰囲気を味わいながら、買い物を楽しむマルシェです。

日時:2023年 5月28日 10時~15時
場所:五福通り及び向州公園

五福通りで開催されるマルシェ詳細

五福通りの歴史や特徴

五福通りの歴史

五福通りの街並み

西大寺は、江戸時代には西大寺観音院の門前町として成長し、東側には吉井川が流れ、高瀬船を使った上流地域との交易で繁栄しました。

明治時代以降、門前町の商店街は大きく発展し、周辺の経済の中心地として賑わっていました。
特に、五福通りは商業用の主要な道路として利用され、町家による街並みが形成されていました。

昭和5年から11年にかけて、バスなどの通行のために道路の拡幅が行われ、道路沿いの1階などの軒先が切り取られ、看板建築に改築される家も多く、現在の特徴的な街並みが作られました。

五福通りの特徴「看板建築」

明治時代までのメインストリートには、主に正面に軒を出した町家と呼ばれる建物が立ち並んでいました。
昭和初期になると、防火や道路側の壁面線を整える法令の普及、そして2階面積の拡大に伴って、建物の前面に壁を立て、銅板やモルタルで仕上げた建物が全国で建設されました。
その後、この形式の建物は看板建築と呼ばれるようになりました。

五福通りの看板建築

五福通り保存の取り組み

五福通りでは、建物の劣化、後継者がいないこと、空き店舗などの問題を抱えている方が一部にいます。ただ、平成26年にマルシェが始まってから、新しいお店が五福通りに増え始め、平成29年度までに6軒のお店がオープンしました。

マルシェを通じて、もっと多くの人々に五福通りの存在と歴史的な価値を知ってもらい、五福通りのファンを増やし、この街並みを今後も維持していくことに取り組んでいます。

五福通りの様子・口コミ

良く保存されていたと感じる。五福通りは短いが、周りにもレトロな雰囲気がある。
西大寺の駐車場に車を停め、西大寺で2時間過ごした。見どころがたくさんあるお寺で、五福通りの五福の意味もお寺で理解できた。
また訪れたい落ち着く空間だ。古い瓦などがかなり朽ちている箇所もあるので、10年後には空き地になっている場所も多いかもしれない。早めに見に行こう。

裸祭りで有名な西大寺観音院から北へ少し歩いたところに、珍しい看板建築の商店が並び、昭和時代の雰囲気を感じる「五福通り」があります。
一見洋風建築のように見える五福通りの建物は、看板建築と呼ばれ、昭和初期に道路拡張のために軒を切り取った際、外観だけ洋風に囲んだものです。実際の建物は江戸時代や明治時代に建てられたものです。
五福通り周辺には10数軒の看板建築が残っており、全国的にも非常に珍しいと言えます。

西大寺の五福通りは、古い商店街が残っている貴重なエリアです。子供のころからあまり変わっていない場所です。もっと早く保存していれば良かったと思います。昔はあまり人が通らず寂しい場所でしたが、過去15年くらいで古民家を利用した様々な店ができました。
近年では、カフェやビール工房もできました。年に1回マルシェが開催されていましたが、コロナウイルスの影響で中断していました。しかし、2022年10月に3年ぶりに開催され、たくさんの人が集まりました。かわいい魔女も飛んでいました。
西大寺は2月に行われる日本三大奇祭の裸祭り(西大寺会陽)以外はあまり賑やかでないので、久しぶりに活気がありました。
また、五福通りは映画の撮影場所としてもよく使われています。映画好きな方は懐かしい景色に出会えるかもしれません。

五福通りの詳細情報

施設詳細情報
施設名 五福通り(読み方:ごふくどおり)
所在地 岡山県岡山市東区西大寺中3丁目9−27
交通アクセス 山陽自動車道山陽ICから約25分
JR西大寺駅から徒歩約10分
駐車場 有料パーキングあり
営業時間 店舗に準ずる
問合せ先 086-944-5038(岡山市東区役所総務・地域振興課)
公式サイト 岡山市公式サイト
ロケ地 ドラマ「この世界の片隅に」(2018年放送)映画「君と100回目の恋」(2017年公開)、映画「魔女の宅急便」(2013年公開)映画「ALWAYS 3丁目の夕日」(2005年公開)

周辺観光情報 ここもオススメ!

岡山市には「五福通り」の他にも見どころが沢山あります。ぜひ足を運んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました