PR

草間の間歇冷泉(潮滝)|国指定の文化財、獣道の先にある冷泉【岡山県新見市】

草間の間歇冷泉(潮滝) お出かけ
草間の間歇冷泉(潮滝)
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

岡山県新見市草間にある「草間の間歇冷泉(くさまのかんけつれいせん)」は、国指定の文化財で天然記念物とされています。地元では潮滝と呼ばれています。
高梁川の支流である佐伏川に面した場所に、高さ1メートル、幅0.5メートルの洞孔があり、24時間で4回、水が勢いよく噴き出します。

草間の間歇冷泉(潮滝)の河原
地下の石灰洞に水がたまり、一定の水量を越えると、サイフォンの原理によって地下水が噴き出す現象が起きます。カルスト地帯における間欠冷泉は、全国的にも非常に貴重なものです。

草間の間歇冷泉(潮滝)の入口

草間の間歇冷泉への入り口は、道路脇に看板があるのでわかりやすいです。
しかし、その看板から川までは約100mぐらいなのですが道のりは険しいので、サンダルなどではなく、運動靴・杖や濡れてもいい服等万全の装備で行くようにしてください

草間の間歇冷泉(潮滝)の道路

まず入口を降りると、50mほど歩きづらい獣道になります。
草むらを抜けると渓流があり、川を渡った向こう岸の水が湧き出る岸壁に、草間の間歇冷泉があります。
濡れずに川を渡るためには、苔むした飛び石しかないので、杖やピッケルなどで体を支える必要があります。

草間の間歇冷泉の獣道

スポンサーリンク

草間の間歇冷泉のおすすめポイント

草間の間歇冷泉(潮滝)の看板

  • 国指定の文化財ならびに天然記念物となっています。
  • 入口の車道は幅があるので、数台駐車することができます
  • 夏でも冷たい湧水が流れています。
  • 獣道のような道が好きな人はぜひ行ってみてください。

草間の間歇冷泉の様子・口コミ

入り口は道路脇に看板があり、少し道幅が広がっているため、数台の車を停めることができます。入り口から川への距離は約100メートルで、獣道を下っていく必要がありますが、雨の日には危険です。谷に滑り落ちてしまう危険があります。
川から冷泉まで行くためには沢を登る必要がありますので、水に濡れても問題ないサンダルなどが必要です。冷泉は対岸の奥まった場所にあり、茂みに隠れているため一目ではわかりません。対岸から湧き水が流れている箇所をたどることで到着します。岩の壁から流れてくる冷泉はもちろん冷たいです。

この周辺には野生のサルの群れが生息していますので、もし出会った際は刺激せずに静かにしていてください。穏やかにのんびりとツーリングを楽しむ方には、この地域がおすすめです。時折、ロードサイクリングの姿も見られます。
道の降り口から50メートルほど険しい獣道を下る必要があります。そして対岸の少し奥に間欠泉が位置しています。対岸には飛び石で渡る必要がありますが、少し厳しいため覚悟が必要です。
この間欠泉は約四時間から六時間ごとに一時間ほど噴出するそうで、滞在時間が長いほど出会える機会が増えるでしょう。

道路脇に設置された看板の脇から続く道を入っていきますが、この道は落ち葉が積もり、雑草がよく生えているため、しっかりとした靴や服を着用して行くことをおすすめします。
川を渡った先に冷泉があると案内されていましたが、確実に濡れずに渡れるルートを見つけることができず、あきらめざるを得ませんでした。ただ、川は非常に美しく清らかでした。
行き帰りの車道は細く、離合が難しい箇所が続くため、運転に自信のない方は避けた方が良いと思います。駐車場は用意されていませんが、道路脇に約6台程度停めることができます。場所が静かなため、この駐車スペースでも十分でしょう。

県道320号は、細くて長い道路です。駐車スペースは用意されていました。 沢までは獣道のようなものを辿っていく必要があり、つづらおりの急斜面を下ることになります。滑りやすい場所もあるため、靴と服装をしっかりと準備しておいて正解でした。最後の沢に下りる箇所は岩を歩くような感じで、足の置き場を注意深く選ばないと水に滑り込みそうな場所です。
間欠冷泉は沢の向かい側に位置しているようで、数メートルの渡河がありますが、水深はそれほど深くないようです。しかし、渡る場所はどこも滑りやすい飛び石で、結局断念しました。
対岸を探しましたが、そのような場所は見当たりませんでした。天然記念物に指定されてから90年が経ちますが、人けのない山中では自然の摂理に戻るのは当然のことのようです。

草間の間歇冷泉の詳細情報

施設詳細情報
施設名 草間の間歇冷泉(読み方:くさまのかんけつれいせん)
所在地 〒719-2641 岡山県新見市草間
交通アクセス JR井倉駅から車で約30分
中国自動車道北房ICから車で約20分
駐車場 車が4台くらい停められる場所があります。
営業時間 特になし
利用料金 無料
問合せ先 0867-72-6147(新見市教育委員会生涯学習課)
公式サイト 文化庁HP
備考

周辺観光情報 ここもオススメ!

新見市には「草間の間歇冷泉」の他にも見どころが沢山あります。ぜひ足を運んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました