菊池酒造|清酒燦然、倉敷小町など無料見学も楽しめる♪【倉敷市玉島】

菊池酒造 酒蔵・ワイナリー
菊池酒造

岡山県倉敷市玉島にある「菊池酒造」は、かつて千石船が行き交い備中玉島港として繁栄した昔の問屋街の一角にある、明治11年創業の造り酒屋です。

清酒「燦然(さんぜん)」「倉敷小町」醸造元で、倉敷の地酒として親しまれています。

菊池酒造の看板

春から秋にかけては熟成中の酒が詰まったタンクが並ぶ蔵の中を見学できます。
見学後は、大吟醸酒や純米大吟醸酒、梅酒など、蔵元ならでは豊富な品揃えのテイストが楽しめます。

菊池酒造のおすすめポイント

  • 蔵の中を見学できます。
  • 11月~3月なら、仕込み最中の様子が見られます。
  • 「燦然(さんぜん)」「倉敷小町」のほか種類豊富なお酒を販売しています。

菊池酒造では新酒祭り等イベントも開催されます

倉敷市玉島の菊池酒造では、新酒祭りが毎年4月中旬と秋に開催されます。
期間限定の特別商品となる新酒無濾過生原酒の販売をはじめ、この季節ならではの味わいが楽しめる商品もあります。

菊池酒造のイベント

【販売品目】
・しぼりたて!フレッシュな生原酒3種類(各商品1.8L/720ml)
・燦然 本醸造 無濾過生原酒 1.8L/720ml:2,000円/1,000円(税込)
・燦然 純米吟醸 無濾過生原酒 1.8L/720ml:3,000円/1,500円(税込)
・燦然 純米大吟醸 雄町 無濾過生原酒 1.8L/720ml:3,800円/1,900円(税込)

【購入方法】
4月23日・24日のイベントにて直接購入 10時~16時
または電話・FAX・オンラインショップで購入できます。(記事末に公式サイトリンクあり)
※試飲、飲食ブース等はありません。
※予約不要ですが、数に限りあり。確実に購入したい場合は事前予約推奨

菊池酒造の様子・口コミ

通常は土日に休みで入ることができない場所ですが、今回は新酒まつりに参加してきました。感染対策が十分に行われていました。私は燦然純米大吟醸雄町生原酒を1900円で購入しました。開けるのが楽しみです。

約300年以上の歴史を持つ老舗店です。 町並みも古く、どこか懐かしく、故郷に帰ったような温かみのある建物に癒やされます。 主力商品は「燦然」という日本酒で、海外でも販売されているそうです。 偶然お話を伺った社長さんが、実は管弦楽団の指揮者であることに驚きましたが、またお邪魔させていただき、お話をお伺いしたいと思いました。
初めて訪れた今回、建物の風合いから敷居を跨ぐのに少し勇気がいりましたが、スタッフの皆さんは笑顔で出迎えてくださり、安心して入ることができました。

燦然という看板商品はもちろん素晴らしいですが、奇跡のお酒もフルーティーで飲みやすく、非常に美味しいです。
県外の方に送ると、大変喜ばれることでしょう。 倉敷を訪れる際は、ぜひこのお酒を味わっていただきたいです。

酒まつりに参加しました。音楽が流れる中で酒蔵の見学も楽しむことができました。特に純米吟醸生原酒はとてもフルーティーでした。

菊池酒造の詳細

施設詳細情報
施設名 菊池酒造
所在地 〒713-8121 岡山県倉敷市玉島阿賀崎1212
交通アクセス JR新倉敷駅からタクシー約15分
駐車場 普通車2台(バスの場合は事前に要相談)
営業時間 平日, 土(冬季のみ)、日・祝祭日 (要相談)※3営業日前までに電話で要予約
休業日
利用料金 見学無料※3営業日前までに電話で要予約
問合せ先 086-522-5145(菊池酒造)
公式サイト 菊池酒造公式サイト
備考 見学所要時間15分ほど。一度に見学できる人数は2~15名様程度まで

周辺観光情報 ここもオススメ!

丸本酒造は、慶応三年(1867)の創業以来、岡山県浅口市に位置する鴨方の地で酒造りを続ける酒造です。銘柄「竹林」や「賀茂緑」というお酒が代表的です。

キリンビール岡山工場は、岡山市東区ののどかな自然に囲まれた立地にあります。

ビール製造工程とモノづくりへのこだわりをガイドが案内してくれる工場見学が開催されており、製造工程ではビデオ鑑賞・仕込み行程、パッケージング行程まで見学することができます。

サッポロビール岡山ワイナリーは、西日本有数のぶどうの産地・岡山県の赤磐市にあるワイナリーです。

吉備高原南山麓の美しい緑と清流、日当りの良さという恵まれたロケーションの敷地内では、ぶどう畑やワインの樽などが見学できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました